会社員をもっと輝かせる モチベーション維持 コーチング

お電話でのお問合せはこちら
    TEL:090-6025-0668
        

よくある質問

体験セッションはありますか?
はい、潜在意識と言葉の仕組みの一部を体験するセッションはご用意があります。基本的には60分のグループセッションとなりますが、内容のアレンジはご要望にお応えできます。詳細はお問合せください。
コーチングは最低ご利用期間などありますか?
おすすめとしては月2回の6ヶ月コースです。しかし、3ヵ月ショートコースや月4回の集中コースのご用意もあります。クライアントのご要望やご予算などに応じてご提案させて頂いております。詳細はお問合せください。
潜在能力が活性化するとどんな効果がありますか?
ここで言う潜在能力は、潜在意識そのもので、私たちのパフォーマンスの約96%を司ると言われています。しかし、日常的に私たちが意識しない限り、使用しているのはわずか4%の表面意識(顕在意識)に過ぎません。私たち一人ひとりには、もっと大きな能力が眠っています。その潜在的な能力を活性化することによって、今まで想像できなかったパフォーマンスの向上、売上実績アップ、社内人間関係の改善、何よりも組織の一員としての幸福感を実感するようになります。
潜在能力の活性化は、組織内の人間関係を改善できますか?
もちろんできます。なぜならば、潜在能力の活性化は、ご自身の潜在意識、更に言えばご自分の在り方と向き合う時間でもあります。その結果、ブレない自分軸が確立し、他人に依存することや、責任転嫁することが減ります。トラブルが起きた時、社員が自主的に、且つポジティブに捉えることができ、組織やチームとしての団結力、問題解決力が上がります。
言葉を通してどのように能力を引き出せるのでしょうか?
言葉は他人に発するものだけだと思われがちですが、自分にも同じ効果があります。ネガティブや攻撃的な言葉は、自分自身の内面を痛めつけることにもなるということです。反対に、絶対的ポジティブな言葉は自分の潜在意識に作用し、より潜在能力が発揮しやすくなるように働きかけることが可能です。
言葉を変えると、どんな効果が得られますか?
具体的には、仕事の問題が起きた時、他責な行動を取ることや、トラブルの元にフォーカスすることは本来無意味であることが分かるようになります。問題自体をポジティブに捉え、それを個人やチームの課題であると、思考の観点が全く変わります。言葉は思考、マインド、ないしは自身の内面を変えることができます。その結果、他人やチーム全体にポジティブな影響が広がります。つまり、言葉は、思考や潜在能力を引き出すための、最も日常的に活用しやすい道具です。
コーチングとコンサルティングの違いは何ですか?
コンサルティングとは、コンサルタントのノウハウ・経験を他事業に応用すること、アドバイスすることを指します。一方で、コーチングは伴走者として、今のクライアントに何が必要か、どのような一歩を踏み出せばいいのかを、質問で引き出すコミュニケーションスキルです。つまり、答えは既にクライアントの中にあるとコーチは信じ、自発的に答えにたどり着く、そして行動するよう促す役割です。既に潜在意識や言葉の仕組み等のノウハウを学んだ前提で、コーチングを通して日常的に活用していくことが、より効果的に目標達成していく手段です。
返金制度(クーリングオフ)はありますか?
決済後のクーリングオフは、決済日を含め8日以内です。8日目以降の返金・割引は、如何なる理由でも対応出来かねますことを、ご了承ください。
To top